ちょっとコラム

昔を思い出せない

実家はインターネット環境がありません。
両親の情報源はご近所さんや新聞、テレビ。
ご近所情報はインターネットでは知ることができない深い内容ばかりなので
それなりの面白さはありますが。

なので、たまに実家へ帰ると不便さを感じてしまいます。
もちろんスマホはありますが、パソコンやタブレットが当たり前になっているからです。

でも、今から25年くらい前までは実家の環境が当たり前でした。

友達との約束は固定電話を使い、待ち合わせ時間の変更は留守番電話へ録音。
好きなミュージシャンの情報源は雑誌か友達。

その時は何の問題もなくやっていたと思いますが、
改めて考えると、当時どんな風にやっていたのか思い出せません、今が便利すぎて。

たぶん、男の子に電話するときは普通にかけて、女の子にかけるときはすごく緊張したんだと思います。
そして、待ち合わせ時間はちゃんと守っていたんだと思います。

便利になるのは良いことですが、進化の過程は忘れないようにしたいですね。

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇

関連記事

  1. 不安スイッチ
  2. いろいろ違うけれど同じこと
  3. 全ては「個」の集まりである。
  4. 70年前、140年前
  5. その青は何色?
  6. ヘンテコ、でも心地よい、仮面の行進
  7. 隣の世界
  8. 彼の物語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP