ちょっとコラム

行ったり来たり

弥生は3月。
月の和名の中でほとんどの方に親しまれている名前だと思います。
由来は草木が芽吹く「いやおい」が「やよい」となった説が有力です。

寒い冬を経て、ようやく人々が空を見上げて深呼吸したくなる季節です。
とはいっても、日に日に暖かくなるわけではありません。
暖かい日と寒い日を繰り返しながらポカポカ陽気に向かっていきます。

春はいろんな意味でそんな季節なのかもしれません。
多くの方が新しいことを始める時期です。
今まで経験がないことを始める時、
ワクワクした気持ちになると同時に、心身ともに力が入ってしまい、
夜になって布団へ入る頃にはグッタリとなってしまいます。

成長の速度も同じかもしれません。
上り坂のように順調に進むかといえばそうではなく、
段差の高い階段にように、ある朝に突然できるようになる。

新しい季節にくじけそうになったら
「春も行ったり来たりして暖かくなるよなぁ」と思うと、
少しは気が楽になるかもしれません。

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇

Instagram ― 言葉のお絵描き五七五七七
note ― かんたんで、みじかいお話
service ― お客様の課題解決

関連記事

  1. 月を愛でる
  2. 君の名は
  3. 赤ちゃんと大人
  4. いろいろ違うけれど同じこと
  5. 人は必ず飽きる
  6. キャンプと車中泊は違うのか?
  7. この道はいつか来た道
  8. 餅つきとクリスマス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP