ちょっとコラム

絵の具の色と光の色

12色の絵の具を全部混ぜると黒に近い色になってしまいます。
太陽の光をプリズムに通すと虹色になってしまいます。
これは私たちの心と同じです。

私たちは日頃の暮らしの中で様々な出来事を経験します。

それらの出来事は全て違うものです。
しかし、私たちはつい
「これはあの時と同じだ」とか「いつもことだ」と思ってしまいます。
その裏側で起こっている心の動きに気づかずに。

「気づかない」状態が続くと私たちはどうなるのでしょうか?

絵の具や太陽の光と同じになってしまうような気がします。

自分の心の中にある気持ちが絵の具が塗り重なるように暗くなったり
太陽の光のように見えなくなったりする。

突然、落ち込んだり腹が立ったり
悲しくなったりすることはありませんか?

たくさんの絵の具の色があるように
太陽の光がいろんな色の重なりであるように
あなたの心もいろんな色を持っています。
しかも、変わり続けている。

自分の心の微かな動きを感じてみましょう。
良い悪い、好き嫌いはひとまず横に置いておいて。

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇

Instagram ― 言葉のお絵描き五七五七七
note ― かんたんで、みじかいお話
service ― お客様の課題解決

関連記事

  1. 人は必ず飽きる
  2. 本当のことなんてわからないけれど
  3. 日々思うこと
  4. りんごの味
  5. 拾ったハンカチ
  6. キャンプと車中泊は違うのか?
  7. なぜ紅葉を「狩る」のか?
  8. おかげさま

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP