ちょっとコラム

月が見えない

菜の花、スミレ、タンポポ、梅、そして桜。
いろんな花が咲く季節になると、遠くまで歩きたくなります。

優しい風が気持ちいい。
せっかく歩くなら風を浴びながら夜の散歩もしよう。
今日の月は満月かな、なんて思って空を見上げると、
霞んでぼんやりしている。

もちろん夜空は真冬が一番きれいとわかっているけど、
春は夜の散歩をしながら月見をしたくなります。

実は、春の夜はスッキリ晴れない日が多い。

『照りもせず曇りも果てぬ春の夜の朧月夜にしくものぞなき』
大江千里(おおえちさと)

「朧月」をうたった最古の和歌です。
今から1,000年以上も昔の平安時代から春は霞むことが多かったのですね。

でも、ぼんやりしている月をいにしえの人が朧月と表現したように、
「ぼんやり」していることは「はっきり」見えることより
劣っているわけではありません。

柔らかく幻想的な何かに変わっているのです。

そんな様子を残念に思うのではなく、
おぼろに霞んだ世界を味わうこころが大切かもしれませんね。

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇

Instagram ― 言葉のお絵描き五七五七七
note ― かんたんで、みじかいお話
service ― お客様の課題解決

関連記事

  1. 絵の具の色と光の色
  2. 季節からの手紙
  3. 鬼は外?内は外?
  4. 大きなものは怖い
  5. その声は
  6. キミはいつも冷たいけど甘いよね
  7. かけがえのない今日
  8. 魚の呼び方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP