ちょっとコラム

ヘンテコ、でも心地よい、仮面の行進

美術館が主催するワークショップに参加した時の話です。

そのワークショップは、スズキコージさんと仮面を作り、
楽器を鳴らし、踊りながら美術館周辺の町を練り歩くというもの。

スズキコージさんとは元ヒッピーで
今も世界各地を放浪されている絵本作家・画家です。

開始早々、スズキコージさんが絵の具で汚れたツナギを着て、
ド派手に塗ったラッパと拡声器を持ち登場。
拡声器で参加者に話し始めます。自己紹介や挨拶は何もありません。

「それじゃーはじめ!」

仮面作りについては何の説明もなく、スズキコージさんがラッパを吹くと、
参加者が一斉に仮面を作りはじめました。

みんなは必死に仮面作り。
スズキコージさんも黙々と仮面を作っていました。

そして、時間が来ると「みんな外に出るぞー」と拡声器で叫び、
スズキコージさんが行進を始めるのです。

参加者各々が仮面をかぶり、太鼓やラッパ、タンバリンや笛をかき鳴らし、
踊ったり叫んだりしながら美術館周辺の町を行進しました。

ワークショップの内容はこれが全てです。
起承転結やドラマなど何もありません。
しかし、このワークショップは私にあることを教えてくれました。

「頭を動かす前に体を動かせ」

頭を使うことはとても大切なことですが、
頭の世界だけで終わってしまっては何もないのと同じです。

まずは自分の思い込みを捨てて行動して、
そこで得た感覚を大切にしなければならないと気づきました。
まず行動することで何かがひらめくかもしれません。

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇
(個人事業主のETC高速代・ガソリンの経費精算業務の軽減サポート)

関連記事

  1. ドラマはあるのかい?
  2. 全ては「個」の集まりである。
  3. 隣の世界
  4. 昔を思い出せない
  5. ネコ型ロボットの四次元ポケットを考えた
  6. タンスの中の手紙
  7. 不安スイッチ
  8. その声は

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP