ちょっとコラム

キャンプと車中泊は違うのか?

コロナの影響もあり今は空前のキャンプブームです。

昔のキャンプとは違い、今は様々な形態があります。

テントの設営や食事の用意は自分で行うもの。
クルマを活用するもの。
ほとんどホテルのようなグランピング。

あれ?
クルマを使うキャンプって車中泊って言うんじゃないのか?
車中泊とオートキャンプは違うのか?

各自が楽しめばどんなカテゴリーにしようとどうでもいいのですが
学生時代から放浪が好きな私としては
キャンプと車中泊はどう違うのか気になるので調べてみました。

(放浪の記事も覗いてみてください。 https://jahic-kj.com/map/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

キャンプとは野営または露営とも言い、野外において一時的な生活をすることです。

利用する宿泊施設としては、テント以外に、固定したバンガロー、コテージ、ヒュッテ、岩小屋など
自然の地物を利用するもの、簡易にビバーク(不時露営)するもの、
積雪期に雪洞を利用するものなどがあります。

最近ではオートキャンプというスタイルが流行っています。
はっきりとした定義はありませんが、テントを張る場所まで自動車で乗り入れたり、
キャンプ場内にキャンピングカーを乗り入れたりするキャンプです。

一方、「車内で宿泊する」ことを「車中泊」と言います。

これまでもキャンピングカーを使った車中泊がありましたが、
近年では駐車スペースなどに停めた自動車で寝泊まりをする人が増えてきました。

車中泊は、車を停められる場所ならどこでもできるというわけではありません。

道の駅や高速道路のサービスエリアで車中泊をするという人が多いかもしれませんが、
場所によって車中泊への対応は異なり、完全に禁止している場所もあります。

やむを得ない場合や一時的な宿泊を除き、車中泊をあらかじめ想定している場合は、
基本的にオートキャンプ場やRVパークなどの専用施設を使うようにしなければなりません。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日常とは違う場所に身を置くと、眠っていた五感がムクムクと目を覚まします。
空の色、雲の形、風の戯れ、木や草花の音、土の香り。

しかし、自然の営みは私たちではなく、自然自身が作っていることを忘れてはいけません。

私たちは自然の中に「ちょっとおじゃましている」。
そんな気持ちが大切なのかもしれませんね。

キャンプや車中泊をする時の合言葉は「おじゃまします」。

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇

割引価格で給油できるガソリンカードがあります。
中小企業の方はもちろん、個人事業主、副業ワーカーの方、
1枚からのお申込もOKです。
https://jahic-kj.com/gas_card2/

関連記事

  1. タンスの中の手紙
  2. 留守番の神様
  3. なぜ?が知りたい
  4. おかげさま
  5. 缶コーヒーの物語
  6. 吾輩は馬鹿である
  7. 彼の物語
  8. 面倒くさいは宝箱

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP