ちょっとコラム

文明は螺旋階段

サブスクという言葉をよく聞くようになったので調べてみました。

サブスクは「サブスクリプション」の略で、月額課金・定額制でサービスを利用する権利を購入することです。
モノを所有するのではなく必要なときに借りて利用する。つまり「コトを実現する権利を所有する」こと。
「音楽」「動画」「本」「ソフト」「衣類」「車」等、様々なサービスがあります。

私のような50代はモノを所有したいという欲がどうしても強いのですが
今は「借りる」のが時流なんですね。

もう少し整理してみました。

■音楽

昔、音楽を聴くという行為は特別なことでした。
コンポの前に正座をして、呼吸を整えながらレコードに針を落とす。
CDの時代になってからも、CDジャケットや歌詞カードを見ながら好きな曲を聴く。
どちらも音楽だけでなく音楽に関連するもの全てを所有して楽しんでいました。
一方でサブスクサービスは数多くの曲を気軽に聴けます。
多少音質が劣っていても、電車やバスの待ち時間や仕事や勉強の隙間時間、
寝る前の少しの時間等でも聞けるのです。

■動画

音楽同様に動画を楽しむ方法は多様化しています。
例えば映画が好きな方は映画館の雰囲気や臨場感が好きなのかもしれません。
しかし今は自分の好きな空間・自分の時間でストーリーやイメージを楽しみたいという人が増えています。
そのニーズを満たしてくれるのが、動画のサブスクサービスです。

■本

本が好きな人は必ずと言っていいほど「本と本屋の匂いが好き」と言います。
壁一面に並んだ本を見ながら、大好きな本屋の匂いを嗅ぎながら、宝探しのようにお気に入りの一冊を探す。
一方で本のサブスクサービスではどちらかというと、
数多くのストーリーに触れたいというニーズを重視していると言っていいでしょう。

■鉄道・高速道路

サブスクと鉄道・高速道路は結びつかないとお思いかもしれません。
実は以前からサブスクと同等のサービスがありました。周遊券・周遊パスです。
鉄道は「青春18きっぷ」、高速道路は「エリア周遊パス」です。
定額でエリア内を自由に移動ができます。
(高速道路の「エリア周遊パス」は新型コロナウイルスの影響で受付停止となっている場合があります。)

■車

車を利用する場合、今までは購入・リース・レンタカーがほとんどでした。
それぞれ利用状況が異なるので単純に比較はできませんが、
購入とリースについては定期的に予算を組まなければならない項目があります。
(リースは契約内容によります。)

車検と任意保険です。
車検は車の年数が経つほど、交換部品が増え料金が高くなります。
任意保険は若い世代が高い料金に設定されています。
したがって、いくら車両価格を低く抑えることができても、結局はある程度の支払いが発生してしまうのです。

そんな不満を解消するのが「車のサブスクサービス」です。
月々の定額制で車両維持に必要な全ての費用が含まれています。
例えば「自動車税」「車検代」「定期メンテナンス」「任意保険」「消耗品」「故障修理費用」など。
若い世代の方にとっては便利なサービスです。
まだ一部のメーカーしか対応していませんが、今後、車を利用するうえで主流になるかもしれません。
※ガソリン代、高速代、駐車場代は別途支払いが必要です。

まとめ

このように整理すると、今普及しているサービスは何世代も前のサービスの進化系と考えることができます。

例えば、音楽のサブスクは「ジャズ喫茶」「ジュークボックス」
本のサブスクは「貸本屋」、動画は「紙芝居」「演芸場」といった感じでしょうか。

文明は坂道のように内容も技術も進化するのではなく、
螺旋階段のように内容はある程度そのままで技術が進化していくものかもしれません。

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇

ETCカード・ガソリンカードは正しい作り方があります。
個人事業主、新設会社の方はぜひご相談ください。

関連記事

  1. 全ては「個」の集まりである。
  2. 70年前、140年前
  3. いろいろ違うけれど同じこと
  4. 桜の園
  5. 仙人雑録「甘露」
  6. ネコ型ロボットの四次元ポケットを考えた
  7. 彼の物語
  8. 仙人雑録「霞とカレー」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP