ちょっとコラム

仙人雑録「霞とカレー」

以前、企画会社に勤めていた時、昼食は自分たちで作っていました。
「まかない」付の職場だったのです。

せっかく食事を作るなら記録に残そうじゃないかということで
各自がキャラクター設定をしてブログにアップしました。

私のキャラは「仙人」。
今思えばバカバカしい話なのですが、当時はけっこう真面目でした。

その原稿を久しぶりに読んだら笑えたものですから
このコラムで紹介させてください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

仙人雑録「霞とカレー」

お初にお目にかかります。
今泉の仙人でございます。

昔、私は風や霞を食しておりました。

ある時、いつものように詩を詠んでいると
どこからともなく雅な香りが流れてきたのです。

「魂を揺さぶるこれは何か?」

私は筆を放り投げ、無心に香りを追いかけました。

そして見つけたのがこれです。

それ以来、私は今泉食堂に通うようになったのです。

今日、「カレーライス」と「サラダ」を食しながら
あの時のことを思い出しました。

食を軽んじてはいけません。
食したものは血肉なるだけでなく、心にもなるからです。

「雑」な食は雑な心を、「和」な食は和やかな心を作ります。

おっと、饒舌になってしまいました。
今日はこの辺で終わりにしましょう。

最後に詩をひとつ。

山の色は百態にして
その恵みは妍容なり
我独り自適に幽棲し
蒼玄の景風を食す

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇
(ETC高速代・ガソリンの経費精算業務をサポートします)

関連記事

  1. タンスの中の手紙
  2. おばあちゃんは知っていた
  3. おおきなきがほしい
  4. おかげさま
  5. 桜の園
  6. 隣の世界
  7. お月様からの手紙
  8. 吾輩は馬鹿である

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP