ちょっとコラム

拾ったハンカチ

道でたまたますれ違った人がハンカチを落としていきました。

それを見つけた彼はハンカチを拾ってあげました。

ハンカチを拾ってもらった人は電車に乗った時、
たまたま自分の前に立っていた人の顔色が悪かったので席を譲ってあげました。

席を譲ってもらった人は歩道を歩いている時に
空き缶やお菓子の袋が捨てられているのを見て悲しく思い、
自分の家に持ち帰って捨てました。

それを見ていた家族は・・・・・。

平和とか幸福とか、大きなことを考えるよりも
自分の目の前の出来事を大切にしたいですね。

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇
(ETC高速代・ガソリンの経費精算業務をサポートします)

Instagram ― 言葉のお絵描き五七五七七
note ― かんたんで、みじかいお話
service ― お客様の課題解決

関連記事

  1. いろいろ違うけれど同じこと
  2. 赤ちゃんと大人
  3. 夏も近づく八十八夜
  4. 濡れたハンカチ
  5. 季節からの手紙
  6. 仙人雑録「霞とカレー」
  7. 桜の園
  8. 本当のことなんてわからないけれど

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP