ちょっとコラム

みんなちがって、みんないい

ある男性と会いました。
彼の年齢は50代後半。

しばらく世間話をしていたのですが、
私がうどん屋の友人がいることを話すと、彼は突然こう尋ねてきました。

「その方はどちらでされているんですか?」

「隣の県です」と答えると、
彼はこう言って、次から次にいろんなことを話してくれました。

「実は、私は2ヶ月前までうどん屋をしていたんです。
 事情があって、今はやめていますが・・・」。

25年間、一生懸命にうどんを作り続けていたこと。
麺は自分で作っていたこと。
天ぷらの海老にはこだわっていたこと。
近くの漁師が食べに来ていたこと。
今でも閉めたお店に問合せの電話が入っていること。

そして、彼は目を大きく開いて最後にこう言いました。

「いつ再開するかわからないんです。再開しないかもしれないし・・・。」

話を聞いた後、
私は「ぜひお店を再開してほしい」という気持ちでいっぱいになりました。

誰もが名前を持ち、積み重ねた人生があり、親があり、ルーツがあります。

金子みすゞの詩ではありませんが
同じ顔の人はひとりもいませんし、今思っていることも違います。

やっぱり人が歩んできたドラマほど心を打つものはありませんね。

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇

割引価格で給油できるガソリンカードがあります。
中小企業の方はもちろん、個人事業主、副業ワーカーの方、
1枚からのお申込もOKです。
https://jahic-kj.com/gas_card2/

Instagram ― 言葉のお絵描き五七五七七
note ― かんたんで、みじかいお話
service ― お客様の課題解決

関連記事

  1. 夏も近づく八十八夜
  2. それって自分のモノ? 誰かのモノ?
  3. キャンプと車中泊は違うのか?
  4. 留守番の神様
  5. きさらぎ
  6. いのちのたび
  7. ヘンテコ、でも心地よい、仮面の行進
  8. その声は

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP