ちょっとコラム

彼の物語

ずいぶん昔のことです。

夜遅く電車に乗っていると、ある駅で彼が乗り込んできました。
その瞬間、車両に乗っていた人たちは彼から少しずつ遠ざかっていきました。
彼があまりに特徴的だったからです。

顔や手は黒く汚れていて髪は伸び放題でボサボサ。
着ている服はボロボロで履いている靴も穴が開いている。
年齢は20歳前後。

彼は乗車すると、今にも転びそうにフラフラなりながら
隣の車両を覗き込んだかと思うと車両の連結部付近に倒れ込むようにしゃがみこみました。
そして、床をじっと見つめて動かなくなりました。

彼が握った切符には終着駅行の文字が書かれていました。

どんな人にも「物語」があります。
彼にも何かしらの理由があるのかもしれません。
しかし、私たちは自分の目で見える表面的なもので人を判断してしまいます。

自分の価値観と異なる人がいるのなら、まずは「その人の物語」を想像してみる。

どんな日々を積み重ねているでしょうか?
その中の彼はどんな表情をしているでしょうか?

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇
(ETC高速代・ガソリンの経費精算業務をサポートします)

関連記事

  1. 日々思うこと
  2. 人の気持ちはわからない
  3. 桜の園
  4. ネコ型ロボットの四次元ポケットを考えた
  5. 怪談話は遠くから
  6. りんごの味
  7. 不安スイッチ
  8. 人生の地図

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP