ちょっとコラム

誰も知らない

桜と言えば「ソメイヨシノ」を思い浮かべる方が多いかもしれません。

実は最近までソメイヨシノの原産地は確定されていませんでした。

そのため多くの学者により諸説あったのですが、
1995年に「エドヒガンとオオシマザクラの雑種が交雑してできた単一の樹を始源とする、
栽培品種のクローンである」と発表されました。

私たちは春になると桜並木を通ったり、夜桜を見たりして花見を楽しんでいますが、
全て1本の木が始まりなのです。

しかも、その物語は誰からも知られることなく始まった。

ということは、もう少し想像を膨らませると、
私たちがちょっとした行いをひっそりとはじめても100年後や200年後に
日本中で当たり前に行われる行事になっているかもしれませんね。

あなたならどんなことを始めますか?

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇

Instagram ― 言葉のお絵描き五七五七七
note ― かんたんで、みじかいお話
service ― お客様の課題解決

関連記事

  1. 拾ったハンカチ
  2. 彼の物語
  3. いよいよ、ますます
  4. 本当のことなんてわからないけれど
  5. 桜の園
  6. きさらぎ
  7. りんごの味
  8. 留守番の神様

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP