ちょっとコラム

ドラマはあるのかい?

何かをしようとするたびに思い出すことがあります。

大学生の時に宮崎県日向市へ
自動車の運転免許を取りに行った時の話です。

3週間ほど自動車学校近くの宿に泊まり
短期間で免許を取る「合宿免許」だったのですが
宿で井村さんという男性と相部屋になりました。

当時、写真を学んでいた私は
課題提出のための撮影をしなければならなかったので
教習時間の合間をみて近所を散歩するのが日課でした。

ある時、私がいつものようにカメラを持って撮影に行こうとすると
井村さんが話しかけてきました。

「僕も一緒に行っていい?」

私も井村さんとゆっくり話がしたかったので
ついてきてもらうことにしました。

海岸沿いの道を歩いていた時のこと。

私がカメラを構えて撮影しようとすると
井村さんがさえぎるようにこう言うのです。

「草野くん。今、きみが撮っている被写体にはドラマがあるの?」

「ドラマですか?」

「そう、ドラマがないと撮る意味がないでしょ?
そこから考えないとダメだよ」

当時、私は「なんとなく構図が面白い」という理由で
撮影をしていたので言われたことにピンときませんでした。

しかし、今、私が井村さんと同じ歳になって考えるとわかるのです。

井村さんは私にこう言いたかったのでしょう。

「君は何のためにそれをするのか?」

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇
(ETCカード・ガソリンカードは正しい作り方があります。個人事業主、新設会社の方はぜひご相談ください。)

関連記事

  1. ネコ型ロボットの四次元ポケットを考えた
  2. ヘンテコ、でも心地よい、仮面の行進
  3. 魚の呼び方
  4. その声は
  5. 人生の地図
  6. いよいよ、ますます
  7. いのちのたび
  8. その青は何色?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP