ちょっとコラム

りこうになりたい

ドラえもんでちょっと切ないお話があります。

七夕の日、ドラえもんが家に帰ると
のび太が窓から外へ釣竿を出して何かを垂らしていました。

ドラえもんが何をしているのか疑問に思い覗いてみると、
釣り糸の先に短冊を付けていたのです。

その短冊に書かれていた内容は・・・・・・。 

「りこうになりたい」。

歳を重ねて、いろんなことを知るようになると
「自分は何も知らない」ということに気づかされます。

そんなとき、のび太と同じように思うのです。

「りこうになりたい」。

でも、そう簡単に「りこう」にはなれません。

そもそも「りこう」とは何なのか?をはっきりさせる必要があるのですが
いくら「りこう」の定義を考えても結局のところは何も生まれない。

やはり、日々の目の前の出来事を大切にするしかないんですね。

 ※参考:ドラえもん てんとう虫コミックス 第17巻 第8話「あべこべ惑星」

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇

Instagram ― 言葉のお絵描き五七五七七
note ― かんたんで、みじかいお話
service ― お客様の課題解決

関連記事

  1. 全ては「個」の集まりである。
  2. おかげさま
  3. 本当のことなんてわからないけれど
  4. 仙人雑録「霞とカレー」
  5. りんごの味
  6. その青は何色?
  7. おおきなきがほしい
  8. 人生の地図

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP