ちょっとコラム

人は必ず飽きる

山奥に住んでいる友人の家に遊びに行った時のこと。

到着したと同時に、雲行きがあやしくなりました。

大雨と激しい雷、雷、雷。
あっという間に空は真っ暗。
目の前にとても太い雷がドガドガ落ちはじめました。

大げさに書いた漫画のように。

左の方にドガッ!と思ったら右の方にドガッ!
油断していると、目の前に太いのがドガッ!

私たち家族は、家の中にいたので何事もなかったのですが
心への衝撃はおさまりませんでした。

ところが、です。

しばらくすると、急に驚きが少なくなってくるのです。
そして、「ただ見ているだけ」という状態になってしまいました。

花火でも同じことが言えます。

ヒュ~。ドーン。
「おぉぉぉぉ、きれいー!」

それが10分経ち、20分経ち、1時間も経つと。

ヒュ~。ドーン。
「・・・・・・・」

ただ見ているだけになってしまいます。

だれもが同じではありませんが
どんなに衝撃的な出来事でも人は必ず飽きる。

最初の驚きが半分になり、それが半分になり
最後は心が動かなってしまいます。

お正月の決意表明も同じかもしれません。

では、飽きないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

「自分はすぐに飽きてしまうんだよなぁ」と頭の隅にいれておく。

たぶん大きな決意は長く続きません。
なのでちょっとした工夫くらいがいいかもしれませんね。

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇

Instagram ― 言葉のお絵描き五七五七七
note ― かんたんで、みじかいお話
service ― お客様の課題解決

関連記事

  1. 本当のことなんてわからないけれど
  2. なんでもない日曜日
  3. 魚の呼び方
  4. 夏も近づく八十八夜
  5. 不安スイッチ
  6. ヘンテコ、でも心地よい、仮面の行進
  7. 赤ちゃんと大人
  8. いろいろ違うけれど同じこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP