ちょっとコラム

山菜はいつ食べる?

季節ならではの食べ物と言われて、何を思い浮かべますか?

たとえば大根。
大根は冬の季語ですが、年中お店で売られています。

イチゴ。
屋外の畑で栽培されるイチゴの収穫時期は4~6月頃ですが、
これも年中お店で売られています。

では、魚はどうでしょうか。
魚介類は地域によって収穫できる種類が違いますし、
今は物流の進化で日本中だけではなく
世界の魚介類をいただくことができます。

う~ん。
もう季節ならではの食べ物はないのかと思ったら、ありました。

山菜です。

たとえばタケノコ。
タケノコの刺身は採れたてでなければいけません。

山菜の天ぷらも春ならではです。
タラの芽(上のイラスト)なんかは、
今となってはとても貴重な食材となりました。

年中いただけるのはありがたいことですが、
季節のものをその季節にいただくことは忘れないようにしたいですね。

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇

Instagram ― 言葉のお絵描き五七五七七
note ― かんたんで、みじかいお話
service ― お客様の課題解決

関連記事

  1. 「何」とは何か?
  2. いろいろ違うけれど同じこと
  3. いよいよ、ますます
  4. いのちのたび
  5. タンスの中の手紙
  6. りんごの味
  7. 長い夜は何しよう
  8. 呼んでも誰も来ない。でもそれがいい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP