ちょっとコラム

畑入門は仕事入門

畑を借りて野菜を育てていたことがありました。
トマト、ナス、ピーマン、きゅうり、スイカ、サツマイモ、ジャガイモ、たまねぎ、にら、キャベツ…。
私は子どもの頃から母の趣味ぐらいしか畑とのかわりがありませんでしたので
「畑仕事入門」のような本を購入し畑を耕しました。

ある時、いろいろ肥料を混ぜて土作りをし、サツマイモの苗を植えました。
しばらく経つとツルも伸び、葉も青々として大きくなったので家族で楽しみに収穫の日を待ちました。
すると・・・。

小さなイモばかりで食べられそうなものはほとんどなかったのです。
「ツルと葉はあんなに育ったのに・・・」

後で、母に聞くと
「サツマイモはチッソ(成分の一つ)が入った肥料を多くやると、
ツルや葉ばかり伸びるよ。まぁ、土は痩せていた方がいいね」

畑に詳しい人には当たり前のことだと思いますが、
素人の私は土の成分にあった苗を植えなければならないなんて全く知りませんでした。
しかも、土が痩せていた方がいい場合もあるなんて・・・。

畑仕事における土と苗の関係は私たちの仕事とどこか似ています。
優先順位の低い業務に意識が移ってしまい、本来やるべき仕事が疎かになってしまった。
経費の管理を疎かにしてしまい、気づくと支出が増えてしまった。

新型コロナウイルスが感染拡大する中、
私たちの時間や労力は以前と比べて限られたものになっています。
「なんとなく」で行動したり、「つい後回し」したりしないよう、日々見直しが必要かもしれません。

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇
(個人事業主のETC高速代・ガソリンの経費削減サポート)

関連記事

  1. その声は
  2. 不安スイッチ
  3. 魚の呼び方
  4. ヘンテコ、でも心地よい、仮面の行進
  5. 日々思うこと
  6. 昔を思い出せない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP