ちょっとコラム

感覚

誰からも気づかれないけれど

日本の四季の美しい風景や自然現象である花、時鳥、月、雪、紅葉を「五箇の景物(ごこのけいぶつ)」と呼びます。昔から和歌や…

風の名前を知ってるかい

今日という日は一度きりで二度と訪れることはありません。でも「今はこの瞬間しかないんだ!」といつも思えるかというと、そう…

月が見えない

菜の花、スミレ、タンポポ、梅、そして桜。いろんな花が咲く季節になると、遠くまで歩きたくなります。優しい風が気持…

行ったり来たり

弥生は3月。月の和名の中でほとんどの方に親しまれている名前だと思います。由来は草木が芽吹く「いやおい」が「やよい」とな…

俳句のカレンダー

2月の和名は如月。1年の中で最も寒い季節です。衣更着・更衣(きさらぎ)が語源と言われています。でも、二十四節気…

いろどりのせかい

年末の慌ただしさが一息ついたと思ったら、1月の仕事始め以降はあれこれ予定が入り再び忙しくなってしまいます。2月…

名前をつけてやる

1年の各月の和名の由来を調べてみると、いにしえの人々の生活がいかに自然に寄り添っていたかがわかります。ですが、…

小さな神様

今年はとても暑い夏でしたが、季節が過ぎれば秋になり、冬が訪れます。東北や北海道では初雪の便りが届くようになりま…

月を愛でる

10月1日(旧暦8月15日)の十五夜のお月見はいかがでしたか?夜空に浮かぶお月様を見ると心が透き通った感覚になります。…

「何」とは何か?

学生の頃に友達の間で流行っていたことがありました。「何」とは何か?を考えるというもの。これはイメージ遊…

さらに記事を表示する

カテゴリー

PAGE TOP