答えます。「なぜガソリン価格が高いのですか?」

日頃なにげなく見過ごしている物事の中に、改めて考えたら「なに?」「なぜ?」と思うことがたくさんあります。
そこで、いろんな疑問(個性的な疑問にも)を真剣に考えます。

今回の疑問は「なぜガソリン価格が高いのですか?」

ガソリン価格の高騰が続いています。11月第2週のレギュラー全国平均価格は169円です。
なぜ高いのですか?

回答は次の通りです。

ガソリンが高くなっている理由は主に3つあります。

①原油価格の高騰
②元売りの統合・再編
③ガソリン販売量の減少

1つ目の理由。新型コロナのワクチン接種により経済活動が再開し、原油の需要が回復しました、
しかし、OPEC加盟国と非加盟国のロシアやメキシコなどで構成する「OPECプラス」は昨年からの減産を続けています。

2つ目の理由。以前は約20社あった石油元売り会社が統合や再編を進め、現在では5社になりました。
その結果、上位2社のシェアが8割となり、競争原理が働きにくくなりました。

3つ目の理由。自動車の燃費性能が年々向上し、国内のガソリン販売量は2004年以降減少しています。
このような市場の変化を受けて、スタンドを経営する販売会社も「薄利多売」から「利益重視」に転換しています。

ガソリンカードの詳しい内容はこちらからご確認ください。

カテゴリー

PAGE TOP