情報誌「未来情報局」

雪の高速道路の注意点

Vol.8

雪の高速道路の注意点

◎なぜ冬の高速道路は注意が必要なのか?

場所や時間によって路面状況が変化するからです。橋の上やトンネルの出入り口は他の場所よりも気温が低く、路面が滑りやすい危険な場所です。昼間は路面が濡れているだけの状態でも夜間に気温が下がると滑りやすくなります。気温が下がる朝晩の走行は昼間とは全く状況が違うので十分な注意が必要です。

◎高速道路上で除雪作業に巻き込まれたら?

凍結防止剤散布中は追い越し禁止です。凍結防止剤は「塩」を含んでおり、作業車に接近しすぎると車両の塗装面に当たる場合があります。車間距離を十分にとって走行してください。走行後は車両の洗車をお願いします。

◎高速道路走行中に冬用タイヤ(滑り止め装置)規制になったら?

高速道路走行中の場合、最寄りのチェーン装着場、PA、SAでチェーンを装着してください。スタッドレスタイヤで走行している場合はそのまま走行可能です。 積雪量や凍結状況によっては全車輪が冬用タイヤでも、チェーンを装着しないと走行できない緊急措置(「全車両チェーン装着規制」)が行われることがあります。

冬用タイヤ(滑り止め装置)規制とは

規制が実施された場合は、スタッドレスタイヤもしくはチェーン装着の確認のため、本線上やインターチェンジで一旦車両を止め、係員がチェックします。

◆チェーンを携帯している場合:チェーン装着場にて装着後、走行可能。

◆チェーンを携帯していない場合:もよりのインターより一般道へ流出、高速道路流入前であれば流入不可。 ※ご注意/高速道路の路肩では、チェーンの取付け・取り外しはしないでください。

月別アーカイブ

PAGE TOP