ちょっとコラム

なぜ焼き芋は甘いのか?

昔、寒い時期のおやつは焼き芋でした。
新聞紙に包まれた熱々でホクホクのさつまいも。

コタツに入って食べたり、焚火を囲んで食べたりしていましたが、一番の記憶は「甘さ」です。

なぜ焼き芋は甘いのか調べてみました。

①掘りたては甘くないので、熟成(乾燥)させた芋を使っている。
②芋に含まれているβ-アミラーゼという酵素が約70℃で活発に働き、でんぷんを糖に変えて甘くする。

化学的な理由を知るとあっけない感じがしますが、
やはり甘さを演出する一番の理由は焼き芋の奥に広がる「原風景」のような気がします。

「原風景」を辞書で調べてみました。

●原体験におけるイメージで、風景の形をとっているもの。
●心の奥にある原初(一番最初)の風景。
●子供の頃の記憶のような風景。
●変わってしまった現実の風景に対して、本来の姿を思い浮かべ懐かしさを覚える感情。

私たちは毎日、大量の情報を浴びながら生きています。
しかし、強い刺激の中でも自分を保てるのは心の奥に「原風景」があるからかもしれません。

慌ただしい日々の中でも「原風景」を感じる心のゆとりを忘れないようにしたいですね。

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇

割引価格で給油できるガソリンカードがあります。
中小企業の方はもちろん、個人事業主、副業ワーカーの方、
1枚からのお申込もOKです。
https://jahic-kj.com/gas_card2/

関連記事

  1. 文明は螺旋階段
  2. 面倒くさいは宝箱
  3. 怪談話は遠くから
  4. その声は
  5. 吾輩は馬鹿である
  6. それって自分のモノ? 誰かのモノ?
  7. 仙人雑録「甘露」
  8. 全ては「個」の集まりである。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP