ちょっとコラム

不真面目な友人

学生の頃、Sという友人がいました。
どちらかというと「不真面目」な男でした。

授業にはほとんど出席せず、いつも行方不明。
しかも服装はボロボロで、酔ったら服を・・・。

なのに、みんなは彼のことを「大先生」と呼び、とても慕っていました。
私も彼に会えるのを楽しみにしていました。

「今日は会えるだろうか、明日こそは会えるだろうか」と。

念願叶って会えたら何をするのかと言うと、ただ語らうだけ。

当時、私は写真を学んでいましたので
自分が撮影している写真のテーマや読んだ本についての感想などです。

悩み事の相談やアドバイスを求めたりはしません。

ただ一緒の時間を過ごしたかったのでした。

なぜ、みんなは彼のことをそこまで思ったのか。

彼は自分の欲や見たくない部分を隠そうとせず、
ありのままを認めて、しっかりと向き合っていたからだと思います。

こんな劣等感を持っている。
今までこんなことから逃げてきた。
今もこんなことから逃げている。

そして、見たくない現実を直視して、どうにかしようともがいている。

やっぱり、ガムシャラなのがカッコいい。

日本高速情報センター協同組合 代表理事 草野 崇

ETCカード・ガソリンカードは正しい作り方があります。
個人事業主、新設会社の方はぜひご相談ください。
https://jahic-kj.com/application2/

関連記事

  1. ヘンテコ、でも心地よい、仮面の行進
  2. いのちのたび
  3. 彼の物語
  4. りんごの味
  5. 全ては「個」の集まりである。
  6. タンスの中の手紙
  7. 魚の呼び方
  8. 隣の世界

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP