組合概要

日本高速情報センターから日本高速情報センター協同組合へ

ごあいさつ

日本高速情報センター(略称:JAHIC)は、組合員のために最適な事業提案を行いたいという志をひとつにする事業協同組合のネットワークとして始動しました。

ETCカードの共同精算、燃料や事業用品等の共同購買、共同サービスを行うことで組合員である小規模事業者や中小企業の皆様の発展を支えて参りました。

新型コロナウイルスの感染拡大により、日本経済が大きな打撃を受ける中、中小企業者は感染拡大に伴う需要減退に加え、人口減少や少子高齢化等の構造的な問題にも直面しており、非常に厳しい経営環境下にあります。

また今後感染拡大が終息したとしても、新たな産業構造や新たな生活様式が確立される事で、以前の状況に戻ることはないと予想されます。

このような大転換期を乗り越えるため、日本高速情報センター(略称:JAHIC)はより力強いサポート体制を構築しなければなりません。

サポート体制の構築により、燃料及び事業用品等の共同購買、組合員の事業に関する販売促進、高速自動車国道及び一般有料道路等の通行料金の共同精算及び組合員のためにする各種リース斡旋等をきめ細やかに実施することで中小企業の皆様の経営効率化を図ることが可能になります。

また教育情報提供事業により交流会や各種セミナー等を開催することで経営に係る情報の普及や共有を図るとともに、福利厚生事業も実施し、組合員間の相互扶助を促進できるようになります。

このような理由から、日本高速情報センター(略称:JAHIC)は、相互扶助の精神に基づき、組合員のために必要な共同事業を行い、もって組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、その経済的地位の向上を図ることを目的に、日本高速情報センター協同組合として生まれ変わりました。

これからも中小企業の皆様を最大限サポートいたします。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

代表理事プロフィール

組合概要

●組合名   日本高速情報センター協同組合
●所在地   本部 〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神4-9-10 第二正友ビル
●所在地   TEL.092-722-0375 FAX.092-722-1479
●URL   http://jahic-kj.com/
●代表理事  草野 崇
●出資金   一口金1,000円
●目的
本組合は、組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員のために必要な共同事業を行い、
もって組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、その経済的地位の向上を図ることを目的とする。
●事業内容
・組合員のためにする燃料及び事業用品等の共同購買
・組合員の事業に関する販売促進
・組合員のためにする高速自動車国道及び一般有料道路等の通行料金の共同精算
・組合員のためにするリース斡旋
・組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上
 又は組合事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供
・組合員の福利厚生に関する事業
●グループ組合
・首都・阪神高速利用協同組合
・日本情報サービス協同組合

●グループ会社
・株式会社西日本情報サービス
・株式会社コーア
●関連組合
・日本高速道路利用協同組合
●加盟団体
・福岡県中小企業団体中央会

 

協同組合とは(別ページが開きます)

 

PAGE TOP